競艇(ボートレース)選手は級別といってA1とA2やB1とB2などにランク分けされます。初心者の方にもわかりやすいように詳しい情報を掲載しています。

競艇(ボートレース)選手の級別「A1·A2·B1·B2」とは?

ボートレース選手の級別は4段階

レベル分け

ボートレース選手の級別はA1級、A2級、B1級、B2級の4段階に分かれています。級別は選手の強さを計るバロメーターのようなものです。A1級が上位に位置します。

級別審査期間は年2回で、5月1日~10月31日までと11月1日〜翌年4月30日まで。級別の適用は毎年1月1日〜6月30日までと7月1日〜12月31日までで、1月からが前期7月からは後期と呼ばれています。

級別審査基準は勝率+a

着順位

級別を決定するにあたっては級別審査基準があり、勝率、2連対率、3連対率、事故率、出走回数が基準となります。

勝率は、着順点合計を出走回数で割ったものです。着順点は1着10点、2着8点と着順に応じた点数が決められており、その合計が着順点合計です。

選手によって出走回数が違うので、比較しやすいように勝率を出すわけです。平均何着を走っていたかがおおよそわかります。一般競走でオール3着だと勝率は6.00です。

2連対率は、1、2着回数を出走回数で割って百分率で表したもの。

3連対率は、1、2、3着回数合計を出走回数で割って百分率で表したもの。

A1級は、全選手数の20%となります。対象になるのは2連対率30%以上、3連対率40%以上で勝率上位。さらに事故率が0.70以下で出走回数が90走以上という厳しい条件になっています。

級別で最上位の級であるA1級は、ボート界のエリートのような立場と理解して間違いないでしょう。

A1級はB1級よりも月間稼働日数が多い

カレンダー

級別は、選手の月間稼働日数に関係してきます。A1級の方が、B1級やB2級よりも数多く走れるので、収入も増えます

さらにSG、G1といった高額賞金レースへの出場資格にも関係してくるので、プロとして高い収入を得ようとすれば、おのずとA1級にならなければなりません。

下記に、級別の平均年収をまとめてみました。

A1級 約3,300万円
A2級 約1,900万円
B1級 約1,100万円
B2級 約500万円

A1級とB2急ではと大きな差がありますね。

期末勝負駆け

勝負を前に決意を固める男性

級別審査の締め切りが近づいてくると期末勝負といって、A1級やA2級のボーダー上の選手が少しでも成績が上がるように気合の入ったレースをすることがあります

こうした状況も舟券作戦の対象になります。専門誌などに載っているので、チェックするのもおもしろいでしょう。

高事故率の選手はスタートで無理できない?

部屋の隅で悩む男性

期末勝負は、なにも勝率アップだけに注目すれば良いわけではありません。例えば、高事故率の選手は、スタートで無理が出来ません。

級別審査基準には事故率という項目もあります。いくら高い勝率をマークしても、事故率が0.71以上となるとB2級となります。

フライングなどで事故率が高い選手は、出走回数を増やして事故率を減らそうとします。そのため、無事故完走を目標で走る場合があります。

期末に近い時期のレースでは、こうした“無理ができない選手”をしっかりと舟券から外すことも忘れてはいけません。

A1級の出走回数が90走以上に改定されてからというもの、フライングを1本受けてしまうと、2本目を取るとA1級が危ないと感じて、スタートを控える傾向が出てしまうのも、また事実です。

事故多発や低勝利選手は選手会から退会勧告

勧告

選手は無事故で走っていれば安泰というものではありません。4期通算(2年目)の事故率や勝率によって日本モーターボート選手会から退会勧告を受ける事もあります。

ボートの選手は、日本モーターボート選手会の会員が前提になっているので、選手会からの退会は引退を意味します。

該当する数字は4期トータルで、事故率0.70以上、勝率は3.80以下です。4期通算勝率に関しては、新人は猶予期間がありますが、デビューして6年近く走ることはできても、一定の勝率を確保しないと引退を余儀なくされる厳しい世界です。

3年に1回登録更新検査

IDの更新

選手は3年に1回登録更新検査を受けなければなりません。視力、聴覚などの身体検査、機能検査などがあり、それに合格すれば登録更新となります。

不合格になってしまうと、次の登録更新検査を受ける事となります。何度受けても合格できなければ、この場合も引退。選手に定年はありませんが、レースで走ることが無理だと判断されれば、もちろん引退です。

3年間レースに出場できなかった選手の場合には登録抹消となります。いつもベストな状態でレースに臨めるように、こうした登録更新検査があるのです。

級別審査期間 審査期間

前期 5月〜10月
後期 11月〜翌4月

適用期間

前期 翌年1月〜6月
後期 7月〜12月

級別のまとめ

SG、G1メインのトップクラスA1級:(全選手の勝率上位20%)

級別の最上位にいるのがA1級です。A1級は全選手の勝率の上位20%の選手となります。A1級になると、まず1ヶ月の稼働日数が違ってきます。平均すると15日。B1級で12日、B2級で8日ですから、走っているだけで収入に大きな差がついてきます。

さらに、高額賞金レースもA1級限定というものが多く、SGではボートレースオールスター(笹川賞)、グランドチャンピオン、ボートレースメモリアル(MB記念)、ボートレースダービー(全日本選手権)が、A1級限定です。さらにG1も原則A1級のみが出場できるレースとなります。

G3、一般競走の主力A2級:(全選手のA1級を除く勝率上位20%)

1ヶ月の稼働日数はA1級と同じですが、高額賞金レースの出場機会はA1級と比べてそう多くありません。平均年収は1,900万円です。一般競走の優勝候補に挙げられるクラスの選手達となります。

モーターの性能にかなり成績が左右される選手なので、入れ替わりも頻繁なのがA2級の選手と言えるでしょう。

ボートレーサーの半数を占めるB1級:(勝率2点以上で、全選手のA1級、A2級を除く勝率上位50%)

ボートレーサーの約半数がB1級です。勝率5点台から2点台までと幅が広いのもB1級の特徴。

5点台の選手なら強力モーター手にすれば優勝戦に乗ることもありますが、優勝するケースはまれです。3点台、2点台になると上位進出は期待できません。ただし、B1級には個性派が多く、ツボにはまれば高配当を出してくれます。年収は1,500万円〜1,000万円と幅があります。

新人はここからB2級:(A1、A2、B1の条件を満たしていない者および新人)

デビューした新人は、B2級からスタートします。長期欠場していた選手や事故ばかりしている選手もB2級となります。1ヶ月の稼働日数が少ないので、1回でも事故を起こすと事故率が跳ね上がってしまいます。

デビューした新人はB2級ですが、ボートレーサー養成所の成績が優秀だとB1級並みのあっせんを受ける事もあります。早くレースに慣れて実力を磨けという期待もあるんでしょうね。

産休、育休で長期欠場した選手がレースに復帰した場合、B2級から再スタートしますが、産休を開始した時点と同等のあっせん日数を6ヶ月間適用する特例もあります。

管理人の私が、実際に競艇でどうやって大勝をしているのか?

当サイトの人気コンテンツでもある、“楽して稼ぐ”を実践する管理人の競艇検証記事は下記からご覧ください

↓ ↓ ↓

管理人の競艇予想検証記事はこちらから

こんな記事も読まれています

このページの先頭へ