スタート位置やコース取りは競艇(ボートレース)予想をする上で欠かせない要素の一つです。初心者の方にもわかりやすいように詳しい情報を掲載しています。

競艇(ボートレース)のスタート位置決めとコース取りのルール

初心者必読!競艇ボ(ボートレース)のスタート位置決めとコース取りのルール

チェックポイント

待機行動でコース取りを決める

ピットに係留されたボートは、出走のランプが点灯すると一斉にピットから離れます。係留ロックは電気方式で外れるようになっています。

ピットアウトをした6艇は、ホーム側から小回り防止ブイを周り、バック側へと回ります。スタートをするまでに第2ターンマーク近辺の水域でコース選定をします。これが待機行動です。

スタートラインに正対した選手からコースが決まっていきます。ターンマークに近い方から1コース、2コース、3コース...と呼びます。または、イン(1コース)、センター(3,4コース)、アウト(5,6コース)という分け方もします、

待機行動にはルールがあり、割り込みや強引な前付けなどは禁止されています。具体的には、

  • 小回り防止ブイから2マークまでに転舵を3回以上
  • 適正な間隔がないのに割り込み
  • 適正な間隔がないのに前付け
  • 時間稼ぎのエンスト

などがそれに当たります。

待機行動実施細則があり、これに違反すると待機行動違反になり、減点の対象となったり、優勝戦や選抜戦への不出場処分を受ける事となります。

コースが決まれば、スタートです。レバーを握って大時計の針の動きに合わせてスタートラインへ向かっていきます。

左回り3周で順位を競う

レースは、スタートラインを通過して第1ターンマーク、第2ターンマークの順に、レースコースを左回りに3周回(1周600m×3周=1800m)して順位競います。

先頭の方が波の少ないところを走ることができるので有利です。1マークをいかにして早く抜け出すかがポイントになります。

フライングスタート法

水の上は、風や波があり、陸上競技のようなスタンディングスタートができません。そのため、大時計の針に合わせてスピードを乗せ、スタートラインを決められた時間内にスタートするフライングスタート法を採用しています。

大時計が0秒を指してから1秒以内にスタートラインを通過すればスタートOKです。

大時計が0秒を指すよりも早くスタートラインを通過するとF(フライング)、1秒よりも遅れてスタートするとL(出遅れ)となり、欠場扱いになります。

スタートラインを通過するときにスピード低下した場合も出遅れになります。スタート事故を起こした選手の舟券は購入金額と同額で返還されます。

勝敗の流れを決める1マーク

水の抵抗は空気抵抗の800倍もあります。波立った水面を走るよりも、波のない水面を走った方がスピードが出ます。競艇(ボートレース)は先行有利な競技です。

勝敗の流れを決めるのは第1ターンマークの攻防です。1着の勝因を6選手の動きでわかりやすく分類したのが決まり手です。大きく分けて6種類あります。

主な決まり手 分類

逃げ 1コース(イン)の選手が他の選手よりも先に1マークを回る戦法。
捲り 2コースから外の選手が、内側の選手をつぶして勝つ戦法。
捲り差し 3コースから外の選手が、内側の選手をつぶし、そのスピードでさらに内側にいる選手の懐に入り込み抜け出す高等戦法です。
差し 2コースから外の選手が、内側の選手と交差旋回して前に出る戦法です。
抜き 2マーク以降に、先行している選手を抜き去って逆転すると抜きになります。
恵まれ フライング艇がレースから除外になったり、事故が発生して、繰り上がりで1着になった場合

主な失格理由

転覆失格 ボートが反転して艇底を見せたとき。
落水失格 ボートが反転していない状態で、身体の2分の1以上が水中に没したとき。
沈没失格 ボートが水中に没した状態になったとき。
エンスト失格 モーターが停止し、再始動が困難になったとき。
不完走失格 先頭艇が1着ゴールして、30秒以内にゴールできなかったとき。
その他の失格 ターンマークを著しく破損させた場合。事故艇または救助艇がある場合に当該事故艇または救助艇または救助艇と安全な間隔を保って航走しなかった場合。
周回誤認 決められた周回数を走らなかった場合。
妨害失格 他艇の失格の原因を作った場合。

失格の場合、選手責任と選手責任外に分けられます。選手責任だと減点、事故点がつきます。

選手責任外は、被害艇になった場合や、接戦不可抗力と判断された場合です。減点はありません。当然、事故点も付きません。

妨害失格は厳しく処分されます。予選でどんなに良い成績を残しても、妨害失格すると上位進出ができなくなります。

※不良航法は減点や賞典除外の対象になります。失格などの判定はすべて審判長が決定します。

レース進行で注目する部分

チェックリスト

1:展示航走からスタート展示

次のレースに出場する選手が、本番レースのコース取りとスタートを想定してリハーサルを行います。ピットアウトから注目してください。コース取りで動きを見せそうな選手もわかります。

1号艇から順番に2、3号艇と進入する枠なり進入になるのか、それとも枠なり進入が崩れるのか注目です。

第2ターンマークよりスタートライン寄りからスタートするスローと助走距離をたっぷりと取ってスタートするダッシュに誰が回るかも重要です。

コースとスタートの隊形が決まれば、スタートがうまく合っているか、スタートをするまでの加速状態やスタートから1マークに行くまでの伸びを見て、舟券を買う参考にします。スタート展示が終わると、バック→2マークへと移動して展示航走に入ります。

2:展示航走から周回展示

次のレースに出場する選手が、スタート展示の後にレースコースを2周回してモーターの状態などを披露してくれます。6艇が等間隔で走ります。

ターンマークで外さない流れない暴れないことがベストです。モーターの調子の良い選手は、等間隔で走っていても、前の選手を詰めていきます。1周目と2周目の艇間隔もチェックポイントです。

展示航走ではタイム計測も行っており展示タイムとして公表されます。気象条件などでモーターの調子が変わるので、展示航走はぜひ見てください。

展示航走が終わるとピットに係留して本番出走を待ちます。展示航走が終わってからモーター整備はできません。選手は本番待機室で出走を待ちます。

3:舟券発売

舟券は発売開始の合図と同時に舟券発売の窓口が開きます。発売窓口は有人窓口と自動販売機があります。出走表には発売締め切り時刻が載っているので、早めに舟券を購入しましょう。

当該レースだけでなく、早めに当日のレースの舟券を購入することもできます。

4:本番レース

舟券発売が終わり、集計ができるといよいよ本番レースです。ファンファーレの合図で6艇が一斉に水面に飛び出します。

大時計の針が動き始めるとスタートです。10秒前、5秒前、4、3、2、1、0、スタート。レースコースを3周してゴールです。確定発表を待ちましょう

5:払い戻し

自分が買った舟券が的中していれば、払戻専用のコーナーがあるので、まずはそこへ行って的中舟券を現金に換えましょう。自動販売機では、的中舟券で次の舟券を購入できるものもあります。

最近では、カードをあらかじめ購入しておけば、キャッシュレスで舟券を購入できるレース場が増えています。的中すればカードの購入残高が増えます。

管理人の私が、実際に競艇でどうやって大勝をしているのか?

当サイトの人気コンテンツでもある、“楽して稼ぐ”を実践する管理人の競艇検証記事は下記からご覧ください

↓ ↓ ↓

管理人の競艇予想検証記事はこちらから

こんな記事も読まれています

このページの先頭へ