競艇・ボートレースのニュース記事・『タイトル名』のページとなります。

石野貴之「絶対欲しいタイトル」で親子制覇/住之江

<住之江ボート:高松宮記念>◇G1◇最終日◇10日

石野貴之(37=大阪)がイン先制から、原田幸哉のまくり差しを封じて大会初優勝を飾った。

今年4度目、通算55度目、G1は17年11月蒲郡ダイヤモンドC以来、通算7度目。2着は原田、3着は田村隆信だった。「エンジンが仕上がっていたから勝てました」。満面の笑みを浮かべた。

絶対に欲しいタイトルだった。父・美好さん(引退)が第7、13回大会で優勝したが、貴之はまだ勝ったことがなかった。「絶対欲しいタイトルだった。親父にトロフィーを渡したい」。親子制覇を果たし、父親に最高の恩返しができた。

今回の優勝で900万円を加算。今年の獲得賞金は5300万円を超え、ランク13位に浮上した。年末のナイターSG住之江グランプリ出場へ、大きく前進した。「いい流れになってきましたね。前節からペラ調整の考え方を変えて、結果につながった」。昨年も秋から一気に稼ぎまくり、GP出場をつかんだ。今年も残暑厳しい9月から、石野の反撃が始まる。

ソース:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201909100001185.html

こんな記事も読まれています

このページの先頭へ