競艇・ボートレースのニュース記事・『タイトル名』のページとなります。

森高一真「GPを狙う来年につながったかな」/丸亀

<丸亀ボート:京極賞>◇G1◇最終日◇6日

森高一真(41=香川)が気迫のイン逃げ。11年以来8年ぶり2回目の地元周年優勝を決めた。G1優勝は4回目、通算では37回目の優勝となった。

展示、本番とも123・456の枠なり。微風の穏やかな水面の中、森高はコンマ07のトップスタートを決めて先マイ。2コース峰竜太のこん身の差しを辛うじてブロック。2Mを先取りして完全に後続を突き放し勝利を確定させた。森高は「仕上がりは万全。スタートも完全にはまっていた。地元は勝たなあかんプレッシャーとフライングを切れないプレッシャーが半端やなかったけど、何とか勝てたわ」。笑顔はなく息を大きく吐き、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

賞金1000万円をプラスして賞金ランクは31位。年末のグランプリシリーズ出場圏内に入ったが、目標はそこにない。「グランプリを狙う来年にはつながったかな」。まずは来年3月のクラシック出場権利を獲得。大活躍を誓う来年の足がかりをつかんだ。

ソース:https://www.nikkansports.com/public_race/news/201911060001010.html

こんな記事も読まれています

このページの先頭へ